首都圏(東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 群馬 栃木)のマンション/一戸建てを地図で探す♪ぴかぴか(新しい)


栃木県のおすすめ中古マンション物件はこちら♪ぴかぴか(新しい)


栃木県のおすすめ中古一戸建て物件はこちら♪ぴかぴか(新しい)


中古物件マンションを「家賃並みで買える!」といった宣伝文について

最近は郊外や地方の中古物件も格安なので人気ですが、首都圏(東京23区内など)の中古物件なら新宿区、渋谷区、世田谷区、中野区の中古物件・中央住宅が売れていますね。いわゆる豪邸レベルの中古物件(一戸建て、マンション)も増えています。やはり新築に比べて割安ですからね。またアパートやマンション中古物件も投資不動産として人気ですね。激安中古物件も多いですよ。中古物件の選び方としてはやはりリクルートの住宅情報ナビのようなサイトで地域や条件を検索してまずは無料資料請求するのがいいでしょうね。

中古物件を購入する上で住宅ローン控除も金利負担を抑えプラスに働く要素です。きちんと自分の資産にあった年数ごとの予測も立てられれば中古物件マンション、一戸建て購入後の不安も少なくなります。事前に中古物件購入資金をシミュレーションして、物件を長く快適に使えることが、収支的にもプラスに働くことも頭において中古物件マンション選びはしたいものです。 フラット35などの住宅ローン商品もぜひ検討してみてください。

中古物件購入の際に気をつけたいこととして、土地の持分が大きい中古物件一戸建てでは、建替えの計画も他の一戸建て物件よりは建てやすく、さまざまな面において有利な条件も揃っている場合が多いものです。購入物件の建替え計画がいざ具体的に進みだすと、中古物件の投機的な需要により売買相場が一時的に上昇する可能性も考えられます。これらの投資・投機的な面もしっかり検討したうえで中古物件購入をしたいものです。

中古物件マンションを「家賃並みで買える!」といった宣伝文句をよく見かけますが、本当に中古物件マンションを家賃並みで買えるのでしょうか。広さでは賃貸マンション中古物件マンションより不利です。物件にもよりますが頭金1割でも中古物件マンションに軍配があがります。ただし賃貸にするか物件購入するかは各自のライフスタイルや資金面によってもメリット・デメリットがあります。人生トータルでみてどちらがいいかをしっかり検討しましょう。

関連リンク

不動産マンション購入術ぴかぴか(新しい)

中古物件マンション購入のチェックポイント

中古マンション物件のすすめー新築より中古物件マンションがお得

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。