首都圏(東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 群馬 栃木)のマンション/一戸建てを地図で探す♪ぴかぴか(新しい)


栃木県のおすすめ中古マンション物件はこちら♪ぴかぴか(新しい)


栃木県のおすすめ中古一戸建て物件はこちら♪ぴかぴか(新しい)


中古物件マンションの街を地図を見ながら歩くときのポイント

首都圏や関西圏の中古物件は相変わらず人気ですが、最近では札幌、函館、旭川、釧路、室蘭などの北海道からいまブームの宮崎、福岡、熊本などの九州のいわゆる地方の中古物件も人気になっています。新潟、長野、岡山、名古屋、山梨、広島、宇都宮、岡山(倉敷ほか)、姫路、石川、などの中古物件も人気です。また伊豆や軽井沢、長野、八ヶ岳、鎌倉、湘南などのリゾート別荘地の中古物件も購入する人が増えています。

中古物件選びにはマンションや一戸建ての周辺環境も重要です。まず生活利便性を左右する学校や病院、商店街やスーパーの場所の中古物件との距離を確認しましょう。特に小学校までの距離は重要ですが、一番近い小学校の学区から中古物件マンションが外れていることもあり得ます。中古物件マンションから歩いて通える小学校なのかを必ず確かめてください。同様に近くの保育園や幼稚園が順番待ちでなかなか入れないケースもあるので、空き状況も中古物件マンション、一戸建てを選ぶ上で要チェックです。

中古物件マンションや一戸建て探しをする上で、希望する中古物件の街を地図を見ながら歩くときのポイントとして、街中に設置された案内図をチェックするのも賢い中古物件選びをするために重要な点です。中古物件マンション、一戸建て周辺の避難場所や自治体の施設、小さな公園などを探す場合にはこうした案内図のほうが役に立ちます。すでに住んだことがあるなど知っている街ならあまり問題ありませんが知らない街を歩くのであれば地図は必需品です。

中古物件マンションを購入するときに問題になるのが新築マンションにするか中古マンションにするかですね。チラシなどで中古物件情報を検索するところまでは同じですが、実際に物件を見に行くときは新築ならモデルルーム、中古なら仲介を手がける不動産会社に足を運ぶことになります。新築物件マンションのメリットとしては、中古物件と異なり、新しくて気分がよい、建物が傷んでいないので長持ちする、最新の設備機器が付いていることが多い、ほかの住民も同時期に入居するので付き合いがしやすいかも、住宅ローンを長く組めるので返済がラク・最近は便利な場所でも広いマンションが買いやすくなっているなどがあります。

関連リンク

中古マンション物件のすすめー新築より中古物件マンションがお得ぴかぴか(新しい)

新築中古住宅物件情報・住宅ローン賢い借り方

不動産マンション購入術

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。