首都圏(東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 群馬 栃木)のマンション/一戸建てを地図で探す♪ぴかぴか(新しい)


栃木県のおすすめ中古マンション物件はこちら♪ぴかぴか(新しい)


栃木県のおすすめ中古一戸建て物件はこちら♪ぴかぴか(新しい)


中古物件マンションと中古物件一戸建てのメリット・デメリット

中古物件といっても最近ではほとんど新築じゃないかというような中古マンションや中古一戸建て物件も増えてきています。購入価格と住居年数からいってもいまは新築物件より中古物件の時代ではないでしょうか。そして東京23区(渋谷区、中野区ほか)、東京市部(国分寺、八王子ほか)、神奈川、横浜、川崎などの首都圏よりもちょっと郊外の中古物件が価格的にも格安でおすすめですね。ちなみに沖縄(石垣島や宮古島など)の中古物件も都会からの移住希望者が増えたことにより人気になっているようです。

中古物件マンションや一戸建ての天井と床はコンクリート(スラブ)との間に空間がある二重構造になっていると、配管のメンテナンスがしやすくなり、将来のリフォームや改築で水まわりを動かしやすくなります。中古物件を購入する前に天井と床の構造はしっかり事前検討しておくことをおすすめします。また天井の内装材や床材をコンクリートに中古物件に直接貼り付けるケースもありますが、メンテナンスやリフォームに制約が出る場合もあるので注意が必要です。

中古物件マンションや一戸建ての近くに公園があればまず入ってみてどのような設備があるのか、どんな子どもたちがいるのか、死角になる場所はないかなど、実際に子どもを遊ばせることを考えて確認することはとても重要です。スーパーや商店街にしても実際にお買い物してみるほうが実感として品揃えが分かってきます。また自治体の出張所があれば、自治体の便利帳などをもらうようにすれば実際に中古物件マンション、一戸建てで住み始めたときに役に立ちます。

中古物件購入するにあたって、マンション・一戸建てそれぞれのメリット・デメリットを知っておくことはとても大切です。。中古物件マンションなら地震に強い・鍵1本で戸締りできる・大規模マンションなら共用施設が充実していることが多いなどの利点があります。中古物件一戸建てのデメリットとしてはマンションに比べて駅から遠い物件が多い・欠陥住宅が心配・建物のメンテナンスを自分でしなければならない・戸締り・気密性・断熱性が悪いと冬寒い・住宅が建て込んだ場所だと日当たりが悪いこと・都心に近いと庭がないケースも・3階建てだと昇り降りが高齢者にはたいへんなどあります。

関連リンク

新築中古住宅物件情報・住宅ローン賢い借り方ぴかぴか(新しい)

中古マンション物件のすすめー新築より中古物件マンションがお得

中古物件マンション購入のチェックポイント

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。